忍者ブログ

2018

0528
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015

0701
秘書が長期間上京しているので随行している七実様と北斗王子。

北斗王子のお父さんとは連絡が取れなくなって半年以上経ちます。
周囲の人は「飼育放棄だね~(→ウチに捨てられた)」と口を揃えて言います。
ので、「(仮名)」は今回から外そうと思います。

今日は以前から気になっていた北斗王子のしっぽの件で動物病院に行きました。
スタッドテイルだろうと思っていたのですが、やはり予想通りでした。
しかし酷い状態ではないので、シャンプーをきちんとして、それでも気になる状態であればアルコールで拭く程度でも良いのではないか、とのこと。
健康診断では後ろ足の状態もチェックしていただけました。
ペルシャにしか見えないですが、血統書(←見たことないけど)上はスコであると問診に書いたので、そこまで診て下さったのだと思います。
ただ気になったのは妙に聴診の時間が長いこと。
王子は嫌そうではあったけど大人しくしていたのですが、ず~っと聴診しているのです。
そして衝撃の一言。
「心音にノイズがある」
(´・ω`・)エッ?
「去勢手術の時、大丈夫だった?」
的なことを聞かれ、その時は私の所には居なかったので判らないと答えたところ、今後麻酔を伴う手術をする際には注意したほうが良いとのこと。
また、少し熱があり、体重も以前よりだいぶ減っていました。
秘書が抱っこして量る方式がダメだっただけかもしれませんが。

なんだかいろいろとショッキングでした。
ただワクチンは打っていただけました。



先生のお話を聞いていると、なんだかとても頼りになる方だなぁ、と思ったので、とって返して次は七実様を連れて行きました。

七実様は去年の秋頃から妙な咳をするので地元でも2回ほど診て貰ったのですがレントゲンを撮っても「問題は見当たらない」と言われたのです。
姿勢を低くして咳を数分程度続け、見ていて「苦しそうだなぁ」と思っていたので…。
ただ、咳の件はこちらの病院でも解決しませんでしたorz
お口をあけて喉も診て貰いましたが、特に異常はなさそうです。
ちなみに地元の病院で「ダメモトで」抗生剤を一週間ほど飲ませてみたけれど、それも効果がなかったので、他の薬剤による治療も見送られました。
要するに「原因不明」のまま、ということです。
症状が悪化したらまた来てね、的な感じでした。
そして七実様は平熱、ワクチンも問題なく打っていただきました。



見ている感じだと七実様のほうが辛そうな咳をしているのですが、実際は北斗王子のほうがよほど深刻な状況のようです。

他には、北斗王子の目やには今のところ気にするほどではない的なことと、便秘のことも相談したのですが何と答えがあったのか、秘書の少ない脳内容量では覚えきれませんでした(´・ω・`)
心雑音のことが気になってそれどころじゃありませんでした…。


ワクチンをおふたりに打っていただきましたが、おふたりとも今の所変わった様子はありません。
お猫様達はみんな既にお休みになっていらっしゃるので、秘書も寝ます。
おやすみなさいませ。
PR

2014

0526
七実様の膀胱炎は綺麗に治っていました。
素人目に見ても綺麗でした>エコー検査
療養食とクランベリーU液のおかげ( *´艸`)

そして体温・検便も問題なかったため、ワクチンを打っていただきました。
膀胱の様子は院長先生(男性)でしたが、ワクチンは女性の獣医さんが注射して下さり、女性スタッフさんが保定してくださったので、ちゃんと大人しくしていました。(多分女性のほうが好き>七実様)

保定して下さったスタッフさんとの会話。
「毎日ブラッシングされてるんですか?」
「はい。してますよ~(なんで?)」
「すっごい毛サラサラ~~~♡」
(えっ、そうかな、脂ギッシュなのでそろそろシャンプーしたいんだけど(;´∀`))
「すごく大人しいですね~!」
「そうですか?」
「暴れる子もいますから~。ほんと大人しくていい子~♡」
それはきっと猫を被っていると思いますwww
まぁ、暴れん坊さんではないですけどねw
王子のほうがもっと大人しいです。

しかしその日、秘書は初めて「毛棒」なるものを見てしまいました(´;ω;`)
ほぐして調べたら七実様のものでした。
コームだけではやはり足りないんだなと実感し、翌日はファーミネーター祭りになりました。
シャンプーしたいなぁ。


さて話は変わり先日、秘書の首に合わせて一昔前に作った淡水パールのネックレスを「もう使わないな」と判断したので、短くして七実様に差し上げました。
米粒くらいの小さなもので、重くないし丁度いいかな~と思いまして。

七実様:「秘書さん、首太ったんでちゅ。それでチョーカー状態になって着けられなくなったんでちゅって」

あっ七実様、バラしちゃダメですよっ!!

しかし秘書母が「毛をかき分けないと見えない」と言うので、もう一つ大きいサイズのものも作ってみました。
今度はムギサイズ(圧ぺん大麦大)でスワロと天然石ビーズの飾り付き。

七実様:「これも毛をかき分けないと見えないでちゅよ?」

そうですねorz

七実様:「もう諦めたらどうでちゅか?」

むぅ~…

迷子札をつけたいから諦めませんっ!!
ゆうべ、集合ポストを見に行って帰ってきたら、一瞬だけど七実様がドアの外に出ちゃったじゃないですか~~~(´;ω;`)
長時間不在にして帰宅した時はそんなことしないんですけどね~。
ドアを開ける時は注意しなくちゃ。

2014

0410
いつ頃からかははっきりと覚えていないのですが、七実様が頻尿になりました。
その上、踏ん張っている時間がすごく長いのです。
いくらなんでも長すぎるでしょう、と思ったのと、数日前からは血尿が!!
白いトフカスサンドの上に、薄赤いごくごく小さなシミ、そして少しだけ固まった砂を残されることが多々。
飼育書を読むと、
・尿石症
・膀胱炎
の可能性があるとのこと。

しかし、こんな大事な時に体調がすぐれない秘書、とりあえずかかりつけの獣医さんに電話で聞いてみたところ、
「全く尿が出ないならすぐに連れてこないといけませんが、少しずつでも出ているなら2~3日後でもいいですよ」
とのこと。
朝や夜にまとまったおしっこをしているのは確認しているので、七実様には少し待って頂くことに。(七実様、ごめんなさい…)

あと、ソマリ~ずの管理人様、りんぽぽさんにもメールで泣きついたところ、「なるべく早く採尿して病院に連れて行きましょう」とのアドバイスをいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m

頻尿に気付いた数日後、ようやく獣医さんに連れて行って、エコーで診て頂きました。
・熱は無し
・膀胱にたまっている尿が少ないので病院での採尿はできず
・膀胱の周辺に白いチラチラしたものが見られる(結石のはじまり?)

それから、「ごはんは何を食べていますか?」と聞かれた秘書。
ギクッとする秘書w

「今はウェットのほかにPEPPYのカリカリサンプルフードをローテーションで食べさせて、どれがいいか考え中です…(^◇^;)」

↓↓ キャットフード トライアルセット (参考)

秘書が購入したのは去年の秋バージョンです。
内容は季節によって変わるようです。

獣医さん:「それじゃあ、もしかするとその中に尿路に優しくないフードがあったのかもしれませんね」

もしかしたらそうかも~~。
自宅に戻ってからもあちこち見て回ったのですが、肥満と関係がある場合がある、とも書かれていて、北斗王子(仮名)のぶんまでカリカリを食べていて、ややデブり気味だった七実様。
そして、ごはんを完全に分けて食べるようになってからも、どのフードだったか失念しましたが、やけにアゴニキビが出るフードがありました。(=脂っぽい?)

何をどれだけ食べさせたかはメモしている秘書ですが、肝心な「ニキビ」のことは書いておらずorz
気をつけましょう>秘書
だってアイムスをあげていた時は毎日アゴニキビのお掃除してましたもん(^◇^;)
(※七実様はニキビができやすい体質のようです)

さて、かかりつけの獣医さんでは、とりあえず(?)抗生物質を一週間分出されたのと、

獣医さん:「カリカリは何でも食べますか?」

と聞かれたので、「はい、何でも食べます!!」と力強く肯定する秘書www

ええ、本当に、七実様はカリカリを嫌がって残したことはないんです。
一回の量が多すぎて、途中で「後で食べるから置いといて」の砂かけはされたことがありますが、いわゆる「猫またぎ」はしたことがありません。

そしてヒルズの「プリスクリプション・ダイエット c/d マルチケア FLUTD(猫下部尿路疾患)」のカリカリを500g出されました。

カリカリは早速、昨日の晩ご飯から少しずつ混ぜています。
お薬は最初ウェットに混ぜていたのですが、飼育書の「錠剤の飲ませ方」を見てその通りにやってみたら、すんなり飲み込んでくれました。
七実様、えらいっ!!

さて、それでもなるべくヒルズではなく他のごはん(ナチュラルフード、あるいはプレミアムフード)をあげたい秘書。
お家に帰ってからPEPPYのカタログ(入門用と秘書は思っている)で数値のにらめっこをしていたのですが、ふと
「そういえばどの数値を見ればいいの?」
と気になり…
(最初はリンかなー、と漠然と考えていました)

かかりつけの獣医さんにはなんとなく聞きづらかったので(←あかーん)、「ねこのきもち」相談室に電話して聞いてみました。
(※獣医さんが答えてくれます。ただし「ねこきも」購読者のみ)
すると、結石の原因はリンだけでなくマグネシウムの場合やカルシウムの場合もあるとのこと。
カリカリは何をあげてもいいと思うが、サプリを使ってみてはどうか?
まずはかかりつけの病院の先生と相談して下さい。
的な内容でした。(ですよねー)

そしてネットでクランベリーU液、というペット用クランベリー液を発見&メモメモ。

………結局、採尿して結石(?)というか異常のモトになった物質を特定しなくては対処のしようがないと気付きました。
うえーん。
採尿難しい…。
(朝→秘書が起きてない、夜→気付かないうちにおしっこしちゃってる)
トイレ砂を吸い込まないタイプにして、マットを敷かずに採尿する、というのもどこかで見た気がするので、今度それに挑戦してみようと思います。

それから、カリカリでもう一つ思い当たることが。
実は赤ちゃんの頃から、七実様にはNOWというナチュラルフードを混ぜて食べさせていました。
この中にクランベリーなど4種のベリーが含まれているので、多少尿路にやさしい食べ物だったのです。
それを、北斗王子(仮名)の便秘には効果がないからと、外してしまったんですよね~。
素直にNOWを追加であげるか、アニモンダFORZA10などの泌尿器トラブル用フードに切り替えるか。
もしくは、諦めて(?)c/dをあげ続けるか?

c/dは他にどうしようもなくなった時のために取っておきたい…。

できればナチュラルフードで尿路に優しいものを食べさせたい。

あと一つ、ナチュラルバランスもクランバリー配合なのですが、これはサンプルをあげてうんちが緩くなったので却下かな~、と秘書は考えています。

まずは抗生物質が効いてくれることを祈ります。
(そしたらただの(?)膀胱炎だから)

それから、pHバランスチェック用シートを購入すること。

抗生剤が切れる一週間後になっても、七実様の体調が良くならない場合、PEPPYのカタログ(それぞれの栄養素の数値が書かれている)と七実様メモ帳を持って再度通院です。
本当はそろそろワクチンの時期なのですが、このぶんだと延期になるかもしれません。


↓↓15時頃からおねむの時間になる七実様
七実様:ねむねむ…うとうと…

七実様、そのチラッと見えている素敵なペンダントはどうしたんですか?(*’ω’*)

七実様:「これは秘書さんが無理につけたんでちゅ。半年(くらい)前に首輪とはおさらばしたはずニャのに!!」

そう、心配性の秘書は、万が一七実様が脱兎の勢いでお外に出てしまった時のことや、災害などで避難した際などに備えて、ペンダントタイプの迷子札をオーダーしました(*´ω`*)
だってマイクロチップは発がん性が云々あって怖いんですもの…。

七実様:「きっとこれがストレスなんでちゅよ! 早く外すでちゅよ!!」

でももう慣れてきましたでしょ? 我慢ちてくだちゃ~い。


↓↓ ボク関係ないも~ん(ゴロニャン)



ちょっと白飛びしてますね(汗

北斗王子(仮名):「ぼくは便秘以外健康だし~、お外に勝手にいかないし~」

(七実様も勝手にお外には行かないけど、念のためなの~、わかってね~)


ほんとにこの方達は、病気が逆なんじゃないかと思いますね、人間的には。
女の子が便秘で男の子が泌尿器ならわかるんですけど(^^;;;


そうそうトイレですが、表面が見えていないとおしっこの掃除をサボりがちだったので、フード付きのものから、以前のハーフカバーのシステムトイレに戻しました。
お掃除サボり気味だったのも泌尿器トラブルの原因な気がしますですよ…orz


参考メモ:ソマリ~ず 「特発性膀胱炎と鬼食欲」

2013

0701
本当は6月28日から抜糸できるはずだったのですが、それまで秘書の体調が微妙&29日に秘書が自分の病院に行って来たので、ちょっと遅れてしまいました。

15時30分から予約受付開始、16時から診察再開なのですが、経由地の実家から病院に電話すると、なかなか繋がらない&16時過ぎにようやく繋がった時、
「本日大変混み合っておりまして、18時過ぎになってしまうと思いますが、よろしいですか?」
って言われました(^^;

それまで暇で、ごはんやおやつも持ってきていないし、お水はかろうじてお皿に入れてあげればいいけど…という状況の中、もう何度か来ているおうちなので、七実様はそろ~りそろ~りと探検に出ていました。
なかでも、2階の母の部屋は、母が寝っ転がって録画した洋画を見ていたので、そこが気に入った様子。
(1階はフレンドリー(?)な犬がいるので苦手、母は洋画に集中していて七実様をろくに見もしないので、猫はそういう人が好き(^^;;;)
しばらくそのまま放置していて、ふと見るとお口で息をしているのに気付いたのでお水を持って上がったら、母が「(秘書が居ない間)私の足を抱え込んで寝てた」とか、「犬のベッドで寝てた」とか言ってました(^^;

いざ病院に行ったら、若い男の先生が二人で七実様を診てくれて、抜糸はあっという間に終わりました。
念のため、「ごくたまにだが、●に血がほんの少し混じっている時がある」と言うと検便をしてくれて、寄生虫などは居ないとのこと。
「赤い血が混じっているなら、猫ってけっこうちょっとしたっぽい子がいるので、それじゃないかと思います。赤黒い血が混じっていたら別の病気なので、また連れてきて下さい」とのことでした。
そっかー、痔かぁ~。
それから、固い●をした後、最後のほうの●がややゆるい感じ、と言うと、「本当の軟便になったら来て下さい」って言われました(^^;
「お薬を問題なく飲む子なら整腸剤を出しますが…」
と言われたものの、なんでもかんでもお薬に頼るのが嫌な秘書は(自分のことは棚に上げて)、「お薬は普通に飲んでくれますけど、まだそこまで必要じゃないと思うので、いいです」と断りました(^^;
こんなに小さいうちから、薬ばっかり飲ませたくない、と思います。
重篤な場合は別ですけれど。


ところで、秘書がぐったりしている期間も七実様はとってもお元気でいらして、ケージの上に置いてあるキャットプレイキューブの中に入って、ゴソゴソしているな~と思っていたら、キューブごとがらがらがっしゃん!! と床に転がり落ちて目をパチクリしていました(;´∀`)
中に毛布が入っていてクッションになって良かったですね~…(;´Д`)




七実様:「ちょっと油断しただけでちゅよ! 一回だけでちゅよ!」




七実様:「へへ~んだ♪」


またそういう、危ない遊び(?)をして…(;´Д`)
落ちないで下さいね~~~


さて、乳歯です。
あれから、左上の臼歯、右下の臼歯をゲットしました。
右上と左下は飲み込まれてしまいましたorz

ところで、下の犬歯って…もしかしてもう生え替わってるのかな!?
全然気付かなかったんですけど…( ̄0 ̄;)

後はもう、本当に奥のほうにある臼歯くらいしか残っていません。


本来なら、抜糸のごほうびにグリニーズくらいあげたいところなのですが、歯がない今、ただでさえ丸呑みするので、何もあげられません(;´∀`)
ごはんは普通に食べられるから、ごはん食べててください、ごはんw
(ほんとに、おやつとか滅多にあげない秘書(^^;;;)

2013

0622
今日の午前中、病院へお迎えに行ってきました。

先生が、会った途端「元気ですよ~(^^)」
えっ、元気!?
しょぼーんとしてないの!?

「(朝)ごはんもペロリと食べましたよ(^^)」って………(^^;
ちなみにカルカンか何かのウェットを貰ったそうで、きれ~いに食べちゃったそうです(汗

七実様を待合室まで連れてきてくださって、傷口を見せていただいたのですが、1cmくらい?(・・?アレ?
秘書:「子宮は取らなかったんですか?」
先生:「卵巣を取ってしまえば、ホルモンバランスの変化で子宮は紐状に細くなって使えなくなりますから」
秘書:「それで、その後子宮の病気になることはないんですか?」
先生:「まずありません。今までの子達も、症例を見ても、そういうことはありません」
とのことで、今は卵巣だけ取っちゃえばいいらしいです。

あっ、そういえば、初代うさぎ様の女の子の時も、横浜の病院で同じことを聞いたのでした(^^;
(そのときは結局、麻酔のリスクが怖くて手術はしませんでした)

本当に、お顔を見ても普通にしているし、キャリーの中でもぞもぞしているし、痛くないの??


一旦実家に寄ったので、そこで犬(でかいチワワ)と対面させるという、術後にあるまじきことをしたのですが(ぉぃぉぃ)、元気にフシャーしていましたw

先生の「家に帰ってもいつも通りにさせてください」というお言葉通り、キャリーから出したら一目散にテリトリーの確認をしていました。

お水を飲んで、ケージの棚板に上って、「おもちゃ~、おもちゃを出すです~!」と催促。
一番のお気に入りのじゃらしを出したら、早速飛びついてくるほど、ほんとうに元気。
ごはんも、いつものように置き餌をしたら早速食べていました。

う~ん、ほんとうにいつもと変わりがない…(^^;;;

お昼寝も一緒にしたし、夜までふたりでぐーたら寝ていたし(^^;

一応、牛肉も買ってあるのですが、ものは試し、と思って先にクリスピー・キスを一粒あげた後に、抗生剤のカケラも見せて「これもどうぞ~(^^)」って言うと、ほんとに食べちゃった素直な子www

牛肉もささみもいらないじゃん!w
(明日以降は必要になるかもしれないけれど(^^;)

人間不信にもならず、いつもと同じように喉を鳴らしてごきげんにしています。
ええー、術後ってこれでいいの???(^^;;;
今も秘書の近くで丸くなって気持ちよさそうに眠っています。

お腹は一応気になるみたいで、時々舐めてはいます。




そうそう、お宝をゲットしました!

少し前から上の牙に永久歯が生えてきていたのですが、おそらく右上側と思われる乳歯の牙をげっとしました!!(^o^)
左は、と思って見たところ、すでになくなっていました。
病院か実家にいる時に落としてしまった or 飲み込んでしまったのだと思います。


七実様のオトニャ手術のご心配をしてくださった皆様、どうもありがとうございましたm(_ _)m
お陰様で無事に終了し、元気にしております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします(^^)
プロフィール
HN:
秘書
性別:
非公開
職業:
お世話係
自己紹介:
うさぎが社長。
理由:重役出勤するから。
(社長談「好きで重役出勤しているわけじゃないよっ!」)
忍者カウンター
最新コメント
[10/07 そーちゃんの飼い主]
[06/20 mie]
[05/30 りんぽぽ]
[05/30 mie]
[04/18 りんぽぽ]
フリーエリア
いくつになったの
script*KT*
フリーエリア
いくつになったの
script*KT*
P R
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP