忍者ブログ

2018

1023
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015

0701
秘書が長期間上京しているので随行している七実様と北斗王子。

北斗王子のお父さんとは連絡が取れなくなって半年以上経ちます。
周囲の人は「飼育放棄だね~(→ウチに捨てられた)」と口を揃えて言います。
ので、「(仮名)」は今回から外そうと思います。

今日は以前から気になっていた北斗王子のしっぽの件で動物病院に行きました。
スタッドテイルだろうと思っていたのですが、やはり予想通りでした。
しかし酷い状態ではないので、シャンプーをきちんとして、それでも気になる状態であればアルコールで拭く程度でも良いのではないか、とのこと。
健康診断では後ろ足の状態もチェックしていただけました。
ペルシャにしか見えないですが、血統書(←見たことないけど)上はスコであると問診に書いたので、そこまで診て下さったのだと思います。
ただ気になったのは妙に聴診の時間が長いこと。
王子は嫌そうではあったけど大人しくしていたのですが、ず~っと聴診しているのです。
そして衝撃の一言。
「心音にノイズがある」
(´・ω`・)エッ?
「去勢手術の時、大丈夫だった?」
的なことを聞かれ、その時は私の所には居なかったので判らないと答えたところ、今後麻酔を伴う手術をする際には注意したほうが良いとのこと。
また、少し熱があり、体重も以前よりだいぶ減っていました。
秘書が抱っこして量る方式がダメだっただけかもしれませんが。

なんだかいろいろとショッキングでした。
ただワクチンは打っていただけました。



先生のお話を聞いていると、なんだかとても頼りになる方だなぁ、と思ったので、とって返して次は七実様を連れて行きました。

七実様は去年の秋頃から妙な咳をするので地元でも2回ほど診て貰ったのですがレントゲンを撮っても「問題は見当たらない」と言われたのです。
姿勢を低くして咳を数分程度続け、見ていて「苦しそうだなぁ」と思っていたので…。
ただ、咳の件はこちらの病院でも解決しませんでしたorz
お口をあけて喉も診て貰いましたが、特に異常はなさそうです。
ちなみに地元の病院で「ダメモトで」抗生剤を一週間ほど飲ませてみたけれど、それも効果がなかったので、他の薬剤による治療も見送られました。
要するに「原因不明」のまま、ということです。
症状が悪化したらまた来てね、的な感じでした。
そして七実様は平熱、ワクチンも問題なく打っていただきました。



見ている感じだと七実様のほうが辛そうな咳をしているのですが、実際は北斗王子のほうがよほど深刻な状況のようです。

他には、北斗王子の目やには今のところ気にするほどではない的なことと、便秘のことも相談したのですが何と答えがあったのか、秘書の少ない脳内容量では覚えきれませんでした(´・ω・`)
心雑音のことが気になってそれどころじゃありませんでした…。


ワクチンをおふたりに打っていただきましたが、おふたりとも今の所変わった様子はありません。
お猫様達はみんな既にお休みになっていらっしゃるので、秘書も寝ます。
おやすみなさいませ。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
秘書
性別:
非公開
職業:
お世話係
自己紹介:
うさぎが社長。
理由:重役出勤するから。
(社長談「好きで重役出勤しているわけじゃないよっ!」)
忍者カウンター
最新コメント
[10/07 そーちゃんの飼い主]
[06/20 mie]
[05/30 りんぽぽ]
[05/30 mie]
[04/18 りんぽぽ]
フリーエリア
いくつになったの
script*KT*
フリーエリア
いくつになったの
script*KT*
P R
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP